コロリーにおけるペナルティと解約のシステムは?

コロリーにはペナルティがない!

 

「予約した日に急用が入り、サロンに行けなくなった」など、どうしてもキャンセルせざる得ない日もありますよね。

 

そんなときに多くの脱毛サロンでは、「キャンセル料」などのペナルティを課せられるのが普通です。

 

予約をキャンセルするのはこちらなので、仕方ないといえば仕方がないのですが、非常にもったいないお金です。

 

 

では、コロリーにおけるキャンセル料などのペナルティはどうなっているのか、ということですが…。

 

実は、コロリーでは、ペナルティが一切存在しません。

 

当日キャンセルであっても、無断キャンセルであっても、です。

 

 

このような脱毛サロンは本当に珍しいですが、こちらからすると非常に助かるシステムですよね。

 

忙しく急用が入りやすい方や体調の波が大きい方には、コロリーはとてもおすすめの脱毛サロンと言えるでしょう。

 

 

とは言っても、無断キャンセルというのは、サロンに多大な迷惑がかかります。

 

キャンセルが分かった時点で、すみやかに店舗に連絡を入れるようにしてくださいね。

 

 

コロリーでは解約時に手数料がかかる!

 

コロリーは、いつでも解約することが可能です。

 

しかし、純粋な意味での月額制ではなく、ローンの返済のかたちになっていますので、「解約手数料」というものがかかってきます。

 

 

この解約手数料は、「未消化の金額の10%」と「2万円」のどちらか安いほうになります。

 

このあたりは、他の脱毛サロンと同様ですね。

 

 

例えば、未消化分の金額が10万円だった場合、解約手数料は1万円となります。

 

ですから、実際に返金されるのは、解約手数料が引かれた9万円ということですね。

 

 

コロリーの解約手数料自体は、決して高いわけではありませんが、無駄なお金であることに変わりはありません。

 

途中解約をしないためにも、契約するときに

 

  • 「本当にきちんと通えるのか?」
  •  

  • 「本当にこの回数で良いのか?」

 

をしっかりと吟味するようにしましょう。

 

 

なお、コロリーでは店舗移動がOKですので、引っ越しなどのライフスタイルの変化にも柔軟に対応することができます。

 

事前に引っ越し先にコロリーがあるかを確認して、店舗がある場合には解約せずに店舗移動して契約を満了させたほうが良いですね。

 

 

http://mind2relax.com/